結婚相談所の成婚率20%

結婚相談所の成婚率から見えること

成婚率20%は低いのか高いのか

皆さん、結婚相談所に何を期待しますか?

もちろん、「結婚できるかどうか」ですよね。

成婚率20%という数字は当てずっぽうでお話ししているのではなく、UFJのリサーチ会社が行った調査結果です。

調査の対象も数百~数千ではなく、結婚相談所の利用経験のある一般消費者約、ざっと6 万人から出しているデータです。

一般には一桁とも揶揄される結婚相談所の成婚率からしたら、実際にはそれほど悪くない数字でしょう。

残りの80%はなぜ結婚できないのか

皆さんが結婚したいと思うお相手はどのような人でしょうか?

優しい人ですか?誠実な人ですか?それともイケメンイケジョ、明るく楽しくそれでいて裕福な生活も保障されたいですか?

希望を持つのは当たり前

誰だって性格が悪い人、いい加減な人、ブス・ブサイク、暗くつまらない、生活も苦しいなんて人と結婚は望みません。

自分自身のステータスも照らし合わせて考えるのが普通です。

自分の希望があるように、相手にも希望がある

当然ですね。

希望条件を持っている人は”あなただけではない”のです。

なぜ、お見合いの申込が断られるのか、なぜ、交際にならないのか、なぜ、希望の人と出会えないのか。

相手にも希望条件があるということに起因します。

あなたは結婚に何を求めてるのですか?

まずは、あなたの相手に対する希望条件を書き出してみましょう。

  • 希望年齢はいくつですか?
  • 身長は?
  • 体重は?
  • 学歴は?
  • お仕事は?
  • 年収は?
  • お住まいは?
  • 喫煙飲酒は?

全て基本的なプロフィールデータです。

あなたが相手に希望することが見えてきましたか?

上の希望を相手が満たしていれば結婚できますか?

希望条件がそろっててもさらに上を見る

基本的な希望条件に合致する人は結婚相談所であれば、難なく見つかります。ウソではありません。

では、なぜ80%もの非成婚者が誕生しているのか。

その答えは”顔”です。

顔だけで判断する人が非常に多い

条件はクリアしているのに気が進まない、恋愛対象に見れないなど話す人はとても多いのです。

あなたはどうですか?

顔が100%タイプの人と条件は100%マッチしている人であればどちらを選びますか?

現実には顔と条件の比率の問題なる

顔100%条件0%あるいは顔0%条件100%などの相手との出会いは現実的ではありません。

顔50%条件50%、顔30%条件60%など、それが普通です。

しかし、その比率はどちらがより重視されるのかと言うと顔の良しあしなのです。

結婚相談所でも顔の良し悪しが大きくものを言う

結婚相談所だからみんな妥協するのかと言うと、むしろその逆、希望条件がインフレすることもたくさんあります。

この人よりあの人、あの人よりもっといい人と、自分を見失う人がたくさんいます。

当然ですが、これらが結婚できない人の実態です。

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL